読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Twitterの検索結果をRSSで取得するメモ

私的メモ。ご自由に使ってもらって問題ないですが、自己責任でお願いします。ノンプログラマーやコードをいちいち書くのが面倒な人向け。 

 

ちなみに自分はこのやり方でsoundcloudをdigってます。「日本語かつ5fav or 5RT以上の”soundcloud”を含む投稿」でRSSに流し込むと大体週700件くらいなので、20〜30分くらいかけて週一ザクっとdigると。(昔はremime.meやらcrowsnestやら便利サービスがあったのですが、最近めっきり見ないし、Nuzzelは微妙なのでこのやり方でやってます、、、) 

 

---------------------

事前に用意するもの:Twitterアカウント、Googleアカウント(どちらも捨てアカでOK)

 

 

1. Twitterにログインした状態で、こちらから「ウイジェットの作成と管理画面」へ

 

 

2. 「ウイジェットの作成と管理画面」で画面右上の「新規作成」ボタンを押し、ウィジェットの作成画面へ。

 

 

3. ウィジェットの作成画面内で、「検索」タブを押し「検索クエリ」の箇所に検索条件を記入。こんな画面のはず。

検索条件はこちらを参照。検索結果のプレビューは同画面内に表示されるのでここを見ながらクエリを調整。
 
※ここを工夫すると、簡易クローラーとして利用可能。
---------
例)soundcloudのリンクを含んでいる日本語の投稿を取得する場合
  →【 soundcloud.com lang:ja 】
 
例)日本語かつ5fav or 5RT以上の”soundcloud”を含む投稿を取得する場合
  →【 min_faves:5 OR min_retweets:5 soundcloud lang:ja 】
---------
 
 
4.「ウィジェットを作成」ボタンを押してウィジェットをつくる。
ウィジェット編集画面のURL「https://twitter.com/settings/widgets/1234/edit」の1234の部分がウィジェットのIDなので、控える。(実際はそこそこ長い数字の文字列)
 
 
5. こちらのページに遷移。ページ内「1.Open the Twitter RSS Script〜」のリンク先のGoogle Scriptに更に遷移。
 
 
6. Google Script内で「Run(実行)」タブ内の「Twitter_RSS」をクリック。すると色々表示が出るので下記の通り対応。
 
「Authorization required(承認が必要です)」→Continue(続行)
「Copy of Twitter RSS Generator by ctrlq.org would like to:」→Allow(許可)
 
 
7. 同じくGoogle Script内で「Publish(公開)」タブ内の「Deplay as web app(ウェブアプリケーションとして導入)」で一番下の「Who has access to the app:(アプリケーションにアクセスできるユーザー)」を「Anyone, even anoymous(全員(匿名ユーザーも含む))」を選択して導入
→URLが生成されるのでメモ。「https://script.google.com/macros/s/abcd/exec」みたいなURLになる (abcdのところがもうちょい長い文字列)
 
 
8. 7でメモしたURLに4で控えたウィジェットのIDを追記してURL先に遷移
 
 
9. RSSを吐き出しているので、あとは煮るなり焼くなり
 
 
※あまりたくさんRSSに流し込むと本文が表示されないなどの謎の不具合が発生したので、そこのところは要注意。